私の娘は、アレルギーも好き嫌いもなく何でもよく食べてくれて、離乳食については始めた頃からほとんど苦労することがありませんでした。順調に進んだ離乳食ですが、時期が進むにつれて悩むことが多くなったのが献立作りです。後期にもなると、大人と同じメニューから取り分けたものを食べさせることもできますが、我が家の大人用の夕食は離乳食の後に別に作ることが多く、また、娘と二人きりの昼食は食べさせることで精一杯で自分はシリアルや食パンをサッと摂るだけだったため、離乳食だけを別に準備しないといけない場合が殆どでした。関連記事:手の込んだ離乳食の写真をネットで見るたび落ち込んでしまう…。そんな私の肩の力が抜けた時栄養バランスが取れてて、同じメニューが続かないように。毎回離乳食を食べさせると、終わった瞬間には次の食事は何を食べさせようと悩んでいました。そこで私が取った対策は、あらかじめ献立のルールを決めてしまうということでした。具体的には、朝食は、大人と同じ白いご飯と野菜たっぷりの味噌汁。ご飯に納豆が乗ることもあります。それに野菜のおかずと、動物性タンパク質は卵かチーズ。それと大人も食べるのでヨーグルトを。昼食は、パンかうどんかパスタ。野菜もタンパク質も一緒に摂れる献立(煮込みうどんやパングラタンなど)のときはひと皿で済ませてしまいます。夕食は、白いご飯におかず2〜3種。それが大変なときは、白いご飯をどんぶりものやドリアやチャーハンにして具だくさんにして、小さいおかずをプラスします。ちなみに朝のタンパク質を卵かチーズにしているので、昼と夜は肉か魚にします。このように主食を中心に献立を決めておいて、あとはそれに合わせておかずを作ります。もちろん朝がパンになったり外食することもあるので、完全にこのとおりと決めているわけではありませんが、ある程度ルールを決めておく方法は献立を一から考えることがないのでとても楽になりました。毎日の離乳食の献立作りに苦労なさっている方、ぜひお試しください。 関連記事:「毎食ではなく1日、1週間単位で考える」これがズボラな私の離乳食をうまく進めるコツ 著者:MU1歳の女の子の母です。夫似で男の子顔な娘ですが、最近やっとワンピースや髪留めを導入して女の子らしくなってきたので、おしゃれさせるのが楽しみです。※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

最新情報

フルコースディナーの出る豪華な産院で出産するはずが…まさかの事実判明で転院することに!(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
妊娠38週で妊娠高血圧症候群に。即入院で予定外の帝王切開(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
夜中2〜3時間おきの授乳はいつまで続く? 我が家の下の子の場合(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
缶のドロップスが食べたい!!妊娠中、無性に食べたくなった一癖あるもの by マメ美(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
進級から1ヶ月経っても登園時に泣いていた娘。“小さな楽しみ”で泣かずに登園に成功! by ヤマモト(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
飴ひとつで三兄弟が楽しく過ごせるならまぁいいか。ノンストレスな兄弟喧嘩の収め方 by マルサイ(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
ママの笑顔が一番!母乳でもミルクでも子どもは育つ(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
2歳からはじめた幼児スイミング教室。プールに入る前からひと騒動! by shin(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
産後に芽生えたもったいない精神!娘の食べ残しをやたら食べてしまう by トキヒロ(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)
寝返り移動をマスター!やっと動ける赤ちゃんはコロコロコロ。 by ぽんぽん(赤すぐ 妊娠・出産・育児 みんなの体験記)

逆アクセスランキング

powered by antennach.com