最終更新日:2018-11-15 18:00
18:00 人間住むところで本当に自分も周囲の環境も変わるもんだなって衝撃。結婚当初、でき婚な上にリーマンショックをもろに受けて極貧。 手取り月10万家賃五万のすきま風ビュービュー湿気で常にタンスの中身が湿気ってて窓は結露でびっちゃびちゃ。そんな生活だった。
17:00 同居やめたい。子供出来たら会社に辞めるように言われて一馬力で頑張ってたけどお金が尽きたので旦那実家に同居させてもらった。私が専業のうちは全然気にならなかったけどパートを始めた瞬間から義実家の人たちの言動にイライラしてしまう。
16:00 もうこの地域やだ。早く引っ越したい。転勤で今の地域に越してきて戸建の社宅に入ったの。それで次女を近所の幼稚園に通わせるようになってからわかったんだけど、ここの地域は何故だか幼稚園組と保育園組で猛烈に仲が悪くてね。
15:00 目撃すれば注意するけどずっと見張ってるわけにもいかないし、そもそもその場でやめてもまたいつかやる。何が悲しくていい歳したおばさんに「食べ物をむやみにつつかないの!」なんて注意をしなきゃならんのだ・・・。
14:00 「うちの子も風邪で熱が出てるんだけど薬切らしててつらそうなの」「薬分けてくれるよね?」とまくし立てられて薬局の袋引っ張られる。私「ちょwやめて下さい」キチ「1日分でいいから、ねっ?」私「ロキソは15歳以下飲んじゃ駄目です!」キチ「大丈夫大丈夫」
13:00 コンビニでバイトしているが同じ園のママAがバイトで入ってきた。Aは取り巻きが3人くらいいるがボスママとまでは行かず中ボスママ。Aは常に悪口を言う人で取り巻き以外のママ達からはあまりよく思われてなくよく陰口を言われてる。。
12:00 我が家の隣宅のドアを、発狂しながら玄関とその周辺を叩いたり蹴ったりしている女が居る、との事。杖だか傘だかも振り回していて、相当危険だから管理人と警察に連絡しよう、と話していたら丁度管理人と警察+他の階の人たちがエレベーターで到着。
11:00 隣の奥様「息子ちゃん、なんか酔っぱらったおばあちゃんとおじさんにしつこく話しかけられてるよ。知り合いかもしれないから一応息子ちゃんに声かけたんだけど、よくわからないから一度報告しにきたの」子連れの女「助けてあげたでしょ!!」
15:00 失言を多くするようになってしまった。ある女性からその人自身の年齢を告げられ、年齢より若く感じたので「お年より若く見える」と言うつもりが、言い間違えて「そんなにお若かったのですか」と言ってしまい、言い直したけれど無礼だったと落ち込んだ。
14:00 同じ園の子の話。年少の時ふた組の仲良し親子が居て、子供も女児同士、親子も父親母親共に仲良しで正しく家族ぐるみの付き合いしてる家族が居た。運動会も親子遠足も常に一緒。子供たちも仲良しでお揃いの手作りのヘアゴム付けたりしてた。
13:00 幼稚園年長に上がった辺りでどこからか、「実はサンタは父ちゃん」という噂が流れてきてさ。純粋だった俺は「そんなはずは無い!」と思いながらも「じゃあ煙突ないのにどうやって入ってくんの?w」という反サンタ派の言葉に惑わされつつあった。
12:00 かれこれ15年以上は会ってない実父が私の職場に来た。私が小学生のときくらいに親は離婚しており、養育費も5千円を一度か二度ほど貰ったっきりで父親らしきこと全くしてもらった記憶がない。
11:00 結局ホテルの隣のコンビニでおでんとビール買ってベッドに寝転んでテレビ見ながら飲んでるけどこっちの方が落ち着くわ。でも都会の醍醐味で、後でもう一回コンビニ行ってアイス買ってくるつもり。
10:00 去年の夏、兄が急に結婚するって言って女の人を連れてきた。その人がまあ、愛想はいいけど地味だしデブだし、バツイチ子持ちでしかもその子障害あって寝たきりだし。なんでこんなの?って感じの人だった。
09:00 私が婚前に祖父母から相続したマンションに夫婦で住んでたんだけど、そこで期間限定で義両親も一緒に住む事になった。仕方ない事だと思うからこそ我が家へどうぞとしたけど、なんで暮らしていくうちに自分はあくまで居候だと言うことを忘れてしまうんだろうね。
02:00 着信が百件超えた。泣き言や説得や怨嗟のメールが昼夜問わず届いた。メールにやたらと純な君がウンタラとか純真とか清純とか書いてあるから純がゲシュタルト崩壊した、どうしたら別れてくれるんだろう…と涙が出た。
02:00 式当日、お父上運転でご両親+新婦+兄弟を乗せた箱バンが事故!!車は横転+転落。幸いタヒ者こそ出なかったものの多数の負傷者が出てしまった。式場で花嫁の到着を待っていた花婿=従弟は知らせを聞いて大慌て。制止を振り切り控え室から飛び出し……。
01:00 【発狂】挙式の最中に、新婦側の出席者の1人の女性が号泣しだした。泣いたのが女性ということもあって不審な目で見られる新郎。号泣女性はヒートアップ、いきなりキレ出した。「あの男が私を見て笑った!!私はブサイクじゃない!!ブサイクじゃないんだあああ!!」
00:30 新婦34歳、塾講師。新郎18歳(!)地方二流大学浪人生。二人の出会いは某塾の個別指導。鉛筆握らせずに、別の物握ってたらしいぞ新婦ww当然塾はクビ。ヒモ同然にのんびりと考えてたらしい新郎、金を自分で稼がないといけないと分かって発狂!
00:30 当日二人は嬉しそうだった。両方の親は見てて微笑ましくなるくらい浮かれてて、事情知ってる親戚や友人、上司同僚も全員テンション上がってた。本当にいい感じの式だったんだが、新婦同僚(男)がスピーチやっておかしくなった。つまるところデキ婚の暴露!

検索

サイト情報

みんなのアンテナ管理人のnatumiです。皆さんが使いやすいように、ジャンル別に分けてありますのでお気軽にご利用下さい(*´▽`*)

スポンサー

無料レンタルアンテナ|antennach.com
powered by antennach.com