本日の人気記事

【洒落怖】ワガママな社長の娘が気に入らない新人の女の子をクビにしたんだけど、この時から会社でおかしな事が起こり始めた(怖い話クラブ)
【洒落怖】乗っていた電車が急停車した。人身事故で急停車したってアナウンスが流れたんで、 オレもバカだから、窓を開けて後ろを見てみたんだ。(怖い話クラブ)
【洒落怖】セガサターンの百物語というゲームソフトについて、とあるゲーム雑誌に連絡があった。収録されている101話の怪談がどうしても始まらないというのです。(仄暗い闇の中から)
【洒落怖】お見舞いに行くと、お婆ちゃんが寝たまま目を開けて、何かをブツブツと言っていました。 「どうしたん?」と聞くと、 「えっちゃん、たろちゃん、さっちゃん、じゅんちゃん・・・」と繰り返し言っていました。 『えっちゃん』『たろちゃん』『さっちゃん』は私の友達です。 最後の『じゅんちゃん』は私の名前です。(仄暗い闇の中から)
小さいころ神様がいると思ってた奴wwwwwwwwwwwwwwwwwww(ザ・ミステリー体験)
かんひも(怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−)
【洒落怖】金縛りにあっている時、瞼の裏にいろんな映像が浮かび上がってきたのです。 最初はぼやーっとしていてよくわからないのですが、それが『顔』であるのがわかるようになりました。(仄暗い闇の中から)
【洒落怖】バイト先の寺のオバさん「檀家で死んだ人が居ると私分かるんだよね。この庫裏から本堂にかけて 誰かが歩いていく気配がするんだよね」(怖い話クラブ)
【洒落怖】深夜のトンネル内でランニングしていた男。半そで、短パン。一番気になったのが、その人、足が長いんだ。 いやもうモデルとかそんなレベルじゃない。明らかにおかしい長さ。(怖い話クラブ)
【洒落怖】「やることねえし、ちょっとどっか冒険しね?」 「じゃあ、心霊スポットのアノ家は?」現場に到着すると、全員一点を見つめてボー然としてた。見つめていたのは玄関。(怖い話クラブ)
【洒落怖】従兄弟家の庭には何本も木が植えてある。その木の遥か高いところの枝になぜかお地蔵さんがちょこんと乗っていた。
【洒落怖】友達が神妙な顔で話しかけてきた。「変なモノが撮れたんだ・・・」さっそく見せてもらおうとお願いしましたが、彼は何故か躊躇し、中々その写真を見せてくれようとしません。
【洒落怖】私の弟は睡眠中無意識に歩き回る、いわゆる『夢遊病』患者でした。 3,4日に1度は夜中にむくりと起きだし、 とっくに終わっているはずのテレビの電源をつけて、砂の嵐を無心にじっとみつめています。
【洒落怖】トラック運転手をやってた頃の話。トラック内の寝台で寝てたら、荷台から、ドンドンドンッ!って壁を叩く音が聞こえたんです。
【洒落怖】夜中のたき火中に、「たすけてえええだれかあ」と女性の声が湖の方で聞こえてきて、そちらに目をやると女性が溺れていた。 助けなきゃ!と思い立ち上がると、連れが「お前何する気だよ!冷静になってよく見ろ!」
【洒落怖】河川敷を歩いていると、二人の後ろから足音が聞こえてきた。 振り返ると、野球帽をかぶった少年が二人の後ろを歩いていた。 少年はうつむいたまま、無言で歩いていた
【洒落怖】部屋でカップうどん食ってたら、人に見られてるような感じがした。ふと横を見ると、何かたんすの前で子供がこっち覗いて笑ってるの。
【洒落怖】教室のロッカーに忍び込むいたずらを実行した友達。ロッカーが開いた時、「ウワアアアアアアアアん!」 僕たちが見たのは張り裂けんばかりに大声でわめく、狂ったようなIの姿だった。
【洒落怖】知り合いのマタギ。雪山の斜面をソリで滑り降りていった。その姿が小さくなった頃、彼の周囲に人だかりができ…
【洒落怖】吹雪の中車を運転する友達に「安全運転でいこーぜ」と言うと、返事がない。長年の付き合いの中で見たこともない怯えた表情を浮かべている。そういえば、車の動きとハンドルの動きが合っていない…

逆アクセスランキング

powered by antennach.com