最新情報

【洒落怖】「お前がしゃんとせな、ばあちゃん死んでも死にきれん」 そんな祖母も私が働きだして何年か後に亡くなりました。 ある晩、異様な雰囲気に目を覚ますと、誰かが布団の袖に座っていました。 若い女性、おかっぱの黒髪、 子供が着るような丈の短い、白地に赤い井裄絣模様の浴衣を着ていました。(怖い話クラブ)
【洒落怖】S「門、足場がある。上って入ろう」 I「無理ですよ、入らない方がいいですって!」 廃墟になった豪邸。荒れた外観に比べ、室内はやけにキレイだった(怖い話クラブ)
【洒落怖】彼女と付き合い始めた頃、暴力的な元彼を怖がっていた。彼女が帰省している間彼女の部屋の留守番をすることになり、夜中にゲームをしていると、”ピンポーン”(怖い話クラブ)
【洒落怖】寝る準備をしていると、部屋の角に置いてあった観葉植物に異変を感じた。 そこには青白いような透けた女の人が立っていて犬掻きみたいに手を交互にバタバタさせていたから。(怖い話クラブ)
【洒落怖】ラブホで寝ていると、静かだった隣の部屋からジャンプした時のドシン!って足音が聞こえ始めた。 「そういえばここ音が聞こえるんだよね・・・・」暇過ぎたのでいけない好奇心が働いてしまい ベッドをこっそり抜け出すと壁の前に座り込み耳をあてた(怖い話クラブ)
狐憑き?なのかも知れない(怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−)
以前産婆をしていました(怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−)
【洒落怖】ある日の夜中、ゴミを出しに行こうと外に出たら、ゴミ置き場で男性がゴミを漁っていたんです。 暗いし顔は確認できなかったのですが、右腕が無いのだけははっきりとわかりました。
【洒落怖】釣り場というのはなぜか変な人よく現れる所で、その中に『でていけオジサン』という人がいました。 その人は4,50歳位の小柄な男性で、野池に突然現れては顔をしかめ、 「出て行け!!」と怒鳴って、子供達を追い出すという迷惑なオジサンで、 釣り仲間の間ではかなりの有名人でした。
【洒落怖】伯父が亡くなったので葬儀に出席しに田舎へ。屋外のボットン便所で用を足して振り返ると、それはいました。 ひとつめの個室の裸電球の下、白い服を着て、真っ黒な長い髪を無造作に束ねた女のうしろ姿。
【洒落怖】俺の住んでた田舎では、奇妙な風貌の人をワリと良く見かけた。 通学路に、鬱蒼と繁った木々に囲まれたボロアパートが建っていた。 そこはどうやら、奇妙な風貌の人達が住んでいる所らしかった。
【洒落怖】不動産屋の若い兄ちゃんに「あのー…幽霊物件とかありますよねえ?よくテレビとかで出る」って聞いたら、兄ちゃんニヤリ。 「あんまりお客さんには言っちゃダメだって、上から言われてるんスけど…」
【洒落怖】小学校の時、クラスメイトが溺死した。 みんな黙ってたけど、 一緒に遊んでた友人が溺れたフリをして、騙された彼は友人を助けようとして海に入り、亡くなった。
【洒落怖】部屋の隅の方を掃除機駆けてたら急に寒気。振り返ると、ハイハイしていた俺が窓から今にも落ちそうになっていたそうだ
【洒落怖】格安アパートに1ヶ月も住めなかったという友人が最初に気になったのは、蛍光灯が部屋の中央から少しずれたところにある、ということだった
【洒落怖】心霊番組制作チームのもとに送られてきた心霊写真。夜の路上、数人でガードレールにもたれて笑い合うその後ろ、あり得ない場所に男の姿。 30~40歳位のアゴのたるんだ中年男。そこまで分かるくらい鮮明に写っている。
【洒落怖】「お前も知ってるだろうけど、俺は山に行くんだ。写真を撮りにね。  あまりにいい景色だったんで夢中でシャッターを切ってたら、足を滑らして転げ落ちちゃったんだ」

逆アクセスランキング

powered by antennach.com