最新情報

並走する小舟(オカルト・怖い話ポータル)
【洒落怖】戦前、彼の実家は裏山でお酒を造っていたらしい。 天然の洞を利用して醗酵させていたそうだ。 村では他にも何軒かが酒造りをしていたが、彼の家の酒は格別に美味かったという。(怖い話クラブ)
【洒落怖】実家近くの山の展望台に出かけたのだという。 ひとしきり眺望を楽しみ、缶コーヒーでも飲もうと自販機に向かった。 休憩所に置かれていた自販機は、当時よく見られた当たり付きのタイプだった。(怖い話クラブ)
【洒落怖】彼の家近くの山に、良い蓮根が取れる沼地があるのだそうだ。 誰が手入れしている訳でもないのに、毎年結構な収穫があるという。(怖い話クラブ)
【洒落怖】とある樹海に単独入山していた夜のこと。 どこからか蚊が入り込んだようで、羽音が耳障りで寝られなかったという。 寝返りをうっているうちに、羽音に混じって何か雑音が聞こえてきた。(怖い話クラブ)
多田さん(怖い話 | 人から聞いた怖い話 | 怖い話 | 人から聞いた怖い話)
四年間の空白(怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−)
【洒落怖】 学生時代、地元の有名な心霊スポットに、三人で出かけたのだそうだ。 そこは山奥の城跡で、もう石垣しか残っていない。 満月の夜、その石垣の上に奇怪なものが現れるという噂があった。(怖い話クラブ)
【洒落怖】かつて仕事仲間から、悩み事を打ち明けられたのだという。 仲間は山登りを趣味にしているのだが、つい先日に不気味な物を見たのだと。(怖い話クラブ)
【洒落怖】小さい頃、彼はよく家の裏山で遊んでいた。 一人で遊んでいた時に、怖い思いをしたことがあるらしい。 土いじりしていると、いきなり後ろから声をかけられた。 「かくれんぼしようよ!」 驚いて振り向いたが、辺りには誰もいない。(怖い話クラブ)
【洒落怖】「潰れたテーマパークのお化け屋敷に青い熊が出る」ていう噂がありました。Gさんはすっかりこの青い熊に魅せられたらしく…
【洒落怖】日本史上最大の被害を出した獣害は、北海道であったヒグマによる事件。 この事件以後もヒグマの被害は続発し、北海道開拓の妨げともなっていた時期がある。
【洒落怖】「味」をしめたクマ
【洒落怖】クマに全滅させられた村
【洒落怖】「くまのぬいぐるみ」突然の出来事に混乱した人間はこんなことまでしてしまう
【クマの怖い話】世界中どこを探しても、北海道ほど密集してヒグマが生息している土地はない。 これは大学のワンゲル部が体験した怖ろしいクマの話。
【グロ】土手を散策していたら、1冊の雑誌が落ちていた。何の気なしにページをめくったら、ページ全体が黄色いんだよ
【洒落怖】訪問客「あ、富田さんのお宅ですか?」 「違いますよ」 「近所に富田さんっていないはずだけど…。表札見れば分かるのにね」
【洒落怖】ラブホテルの敷地内から何か、黒い影が出てきたのです。それは小さく、まあ小さいと云っても中型犬くらいはありました。
【洒落怖】彼は全くもってごく普通の少年に見えました。高校1年生にしては背が高く、色が白くて肌が綺麗な、ちょっと優男風の見た目で…

逆アクセスランキング

powered by antennach.com