内閣府は、日本の測位衛星「みちびき」で得られる高精度の位置情報を利用して、自動運転のバスを走らせる実験を来月から沖縄県で始める。 自動運転の実用化に向け、運転の精度を上げるのが目的だ。実験では、沖縄本島の国道で、みちびきからの電波を受ける専用受信機やカメラ、レーダーを搭載したバスを、一般の車両に交じって走らせる。 バスは、ハンドルやアクセル、ブレーキが自動で、みちびきからの電波で自らの位置を誤差

検索

サイト情報

貴方が気になる話題のニュース、スポーツ、芸能など、いろんなサイトをまとめて紹介しています!

まとめ

スポンサー

無料レンタルアンテナ|antennach.com
powered by antennach.com