台湾の遠東国際商業銀行が今月サイバー攻撃を受け、6000万ドル(約67億3000万円)が盗まれた事件の背後には、北朝鮮とつながりがあるハッカー集団「ラザルス」が存在している可能性がある。防衛や情報セキュリティーなどを手掛ける英BAEシステムズの研究員が指摘した。 BAEは16日にブログに掲載した資料で、今回のサイバー攻撃にラザルスの「幾つかの特徴」が認められるとの分析結果を示した。攻撃にはマルウエア(悪意

検索

サイト情報

貴方が気になる話題のニュース、スポーツ、芸能など、いろんなサイトをまとめて紹介しています!

まとめ

スポンサー

無料レンタルアンテナ|antennach.com
powered by antennach.com