1914年1月12日 桜島で大噴火(大正大噴火)大正大噴火で埋没した鳥居 1914年(大正3年)1月12日、桜島で大噴火が起こり、その後約1か月間にわたって頻繁に爆発が繰り返され多量の溶岩が流出しました。一連の噴火によって死者58名を出し、錦江湾に浮かぶ島だった桜島も大隅半島と陸続きになりました。

検索

サイト情報

貴方が気になる話題のニュース、スポーツ、芸能など、いろんなサイトをまとめて紹介しています!

スポンサー

無料レンタルアンテナ|antennach.com
powered by antennach.com