夏真っ只中。相変わらずの暑さが続いておりますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。私はクーラーガンガンにつけっぱなしにした結果、親に「電気代が!!」と怒られました。タイマー設定偉大なり。こんばんわ、吉岡茉祐です。さて、WUGとしては夏のツアーの終わりといえばすごい一つの区切りっぽいんですけども。まだ夏は続きます。しかも来週にイベントも控えてます。まだ気を抜いてはいられません。さて、まずは大宮のお話から。大宮ソニックシティ。去年に続いて、今年もこの場所をワグナーさんだけで埋められる日がやってきました。一番最初に大宮ソニックシティでイベントした時は、想像もしてなかったなぁ、と。そんな大宮では、企画枠が盛りだくさん。タイトロープラナウェイ、なまはげーずの無限大illusionと、もってけ!セーラーふく、そしてキャラソンシリーズ1という豪華さ。久しぶりにタイトロープを聞いて、生ハモリやっぱいいなと思ったし…幕張で聞いたネクストストームバージョンとは違うWUGの無限大が歌えて…キャラソン1は安定の人気と完璧なコールが心地いい。そして何より頑張った、もってけ!セーラーふく。これを踊っていた頃の私たちを今どれだけの人が見てくれているだろうか。そんなことを考えながら踊りました。一方で、これを踊る私たちから見た景色も違っていて。会場が広くなったのは言うまでもなく、、、ワグナーさんの顔をちゃんと見れるようになったなって。みんなで歌って、空間ごと楽しんでくれているのかなって。私自身、この曲に対する思い入れはとても大きいので、このツアーの一つの節目である大宮で、歌えたことが何より嬉しかった。さて、それではパート1の振り返りなんかを…。HOMEツアーのスタートを切ると言う意味でセトリを組んだ、今回のパート1。まさにお祭り、パーティ。ド派手なSHIFTのブロードウェイ的な演出からの暴君。衣装の早着替えという新しい「見せる」演出、客席まで全てを巻き込んで行く使い方。なによりもOPから違ったからね、例年のツアーと、「何かが違う」じゃなくて「今年は違う!」が見えてたからね。定番通りにいかない、企画コーナーと、リーディングライブ。さらには、五周年の衣装で初期の曲、タチアガレ、アガペー、雪模様。なによりも、みんなの極上スマイルと、本編ラストのPolarisは、最高のライブで見せてくれる笑顔と、WUGへの思いが大合唱でダイレクトに伝わるんですよね。やるしかない、やらなきゃいけない、なんとしても、、、そんな気持ちがきっとみんなの中にあって。舞台を作るチームのみんなの気合もひしひしと伝わってきていた続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

逆アクセスランキング

検索

サイト情報

声優ブログ最新まとめアンテナです。 声優さんのブログをまとめています。 追加で欲しい方はリクエストください

せいゆう

スポンサー

無料レンタルアンテナ|antennach.com
powered by antennach.com